Microsoft 365は機能性に優れたサービス

Microsoft 365はとても機能性に優れたサービスとなっているため、非常に魅力的といえます。どのような特徴があるのかといえば、マイクロソフトが提供している製品でサブスクリプション形式にて利用可能ということです。旧Office 365としても知られ、多くの方たちに利用されてきました。

プラン名の変更はされましたが、価格変更はありません。大きく変更した点としては利便性を高めながら、AIあるいはクラウド機能を強化したということです。これにより、快適且つ安心安全にMicrosoft 365を使用できるのです。より安全に使用したいという方にとって、Microsoft 365はとても良いものといえるのではないでしょうか。

Microsoft 365とOffice(買い切り版)の違い

MacユーザーであればMicrosoft 365ではなくOffice(買い切り版)を利用することも可能ですが、利用を開始する前にそれぞれの違いを知っておくべきです。Microsoft 365は月額料金を支払うことで使えるサブスクサービスであり、いつでも最新のソフトを利用できます。マルチデバイスで無制限にインストールできることが特徴的です。

一方で、Office(買い切り版)の場合は永続ライセンスなので最初に料金を払っておけば、それ以降は費用が発生しません。最新であるかどうかにこだわらず長く使うのであればOffice(買い切り版)、常に新しいソフトを使用したいのであればMicrosoft 365を選んでみると良いでしょう。

「Microsoft 365 Personal」はMacユーザーにもおすすめです

Microsoftと聞くとWindows限定のソフトと思われがちですが、「Microsoft 365Personal」は様々なデバイスに対応していることが特徴のOfficeアプリなので、OfficeMobileアプリをインストールすればWindowsユーザーを始めMac利用者にも簡単に利用できるという特徴があります。

1か月あたり¥1,284から購入可能なので、少しの間だけ使いたいという方にも向いていて、スマートフォン等の端末でも利用できるので、外出先や移動時間に利用したいという方にもおすすめです。OfficeMobileアプリとOneDriveを使えば紙に印刷されている表をデータ化することも可能です。

Microsoft 365の基礎知識が知りたい

Microsoft 365が近年マイクロソフトより提供しているのですが、通常のofficeと違いが分からないという人も多いようです。今回はそんな方に基礎知識を紹介します。

Microsoft 365とは、契約するとサブスクリプション方式でOfficeアプリを使うことができるサービスです。従来の買い切り型と比べると、使い方次第でリーズナブルに使用することができるので近年需要が高まっています。Office以外に、クラウドストレージを活用した共有やビデオ通話などを行うことができます。

ただし契約期間が終了すると一切の機能が使用不可になってしまうので注意が必要です。無料体験を提供している期間もありますので一度体験してみるといいでしょう。